ジェノトロピン(G5.3・G12)の使い方 イラストで見る

注射のしかた

  • 2つのペン型注入器の使い方は、本サイトでは主にジェノトロピン®G12を用いて説明してあります。
  • 本剤を使用される際は主治医の指示に従って使用して下さい。

毎日の注射(カートリッジの取りつけのない日)

注射する場所を消毒します。

残量を確認します。

カートリッジホルダーの先端を消毒し、注射針を取りつけます。
(空気抜きの必要はありません)

注射量を設定します。

注射する場所を消毒し、注射します。

ペンカバーを使わない場合

注射する場所を消毒します。

注射します。

1. 注射する場所を軽くつまみます。
2. もう片方の手の親指で注射ボタンを押せる位置でペン本体を握ります。
3. つまんだ皮膚に注射針が見えなくなるまで垂直に刺します(ペンカバーを使う場合:軽くつまんだ皮膚にペンを垂直に立て、ペンカバーのグレー部分が見えなくなるまで押し当てて注射針を刺します)。
4. 注射ボタンが“カチッ”と完全にロックされるまで注射ボタンを確実に押しきります。
5. 約5秒間(31Gの注射針使用時は5秒より少し長めに)待って、皮膚をつまんでいる指の力をゆるめてから注射針を引き抜きます。
6. 注射したところにアルコール綿を当てて、しばらく押さえます。

注射針をはずします。

一度使用した注射針は使用しないでください。

ペンカバーを使う場合

注射する場所を消毒します。

注射針の外キャップを(内キャップがついている場合は内キャップも)はずしペンカバーをかぶせます。

注射します。

1. 注射する場所を軽くつまみます。
2. もう片方の手の親指で注射ボタンを押せる位置でペン本体を握ります。
3. つまんだ皮膚に注射針が見えなくなるまで垂直に刺します(ペンカバーを使う場合:軽くつまんだ皮膚にペンを垂直に立て、ペンカバーのグレー部分が見えなくなるまで押し当てて注射針を刺します)。
4. 注射ボタンが“カチッ”と完全にロックされるまで注射ボタンを確実に押しきります。
5. 約5秒間(31Gの注射針使用時は5秒より少し長めに)待って、皮膚をつまんでいる指の力をゆるめてから注射針を引き抜きます。
6. 注射したところにアルコール綿を当てて、しばらく押さえます。

ペンカバーをはずします。

注射針をはずします。

一度使用した注射針は使用しないでください。

ただし、ペンカバーを取り付ける場合、使用できない注射針注)があるためご注意下さい。
注)例:「ペンニードル®プラス32G 4mm」(注射針先端がペンカバーから出ないため)。

ご利用上の注意

本サイトはジェノトロピン®による治療を受ける患者さんとそのご家族の方々に、治療を受ける際の注意点について正しく理解していただくことを目的に作成しています。医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。
ジェノトロピン®による治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。ジェノトロピン®について疑問を持たれた場合や治療等に関しては、主治医に必ず相談してください。

あなたは医師の診断を受けジェノトロピン®による治療を現在受けている、または、
ジェノトロピン®による治療を受ける予定がある患者さんならびにご家族の方ですか?

  • はい
  • いいえ

Pfizer

診断や治療前の皆様には以下のファイザーが運営する各疾患の専門サイトにて
疾患に関する情報をご紹介しております。

各疾患の専門サイトはこちら

(成長相談室めもりから離れます)