ジェノトロピン(G5.3・G12)の使い方 イラストで見る

注射の前に②

  • 2つのペン型注入器の使い方は、本サイトでは主にジェノトロピン®G12を用いて説明してあります。
  • 本剤を使用される際は主治医の指示に従って使用して下さい。

注射量の設定G12の場合

注射ボタンのロックを解除します。

注射量を設定します。
1回の注射量は最小0.2mg、最大4.0mg(0.2mg刻み)

■1クリック=1/4周ずつの正しい位置に設定しないと、注射ボタンは押せません。
■注射量を間違えて多く設定した場合は、注射ボタンを注射ボタンに表示されている矢印と反対方向にまわして、正しい注射量まで戻してください。
■デジタル表示は解除ボタンを押してから約2分後に自動的に消えますが、注射ボタンをどちらかの方向にまわすと再び表示が出てきます。

注射量の設定G5.3の場合

注射ボタンのロックを解除します。

注射量を設定します。
1回の注射量は最小0.1mg、最大2.0mg(0.1mg刻み)

■1クリック=1/4周ずつの正しい位置に設定しないと、注射ボタンは押せません。
■注射量を間違えて多く設定した場合は、注射ボタンを注射ボタンに表示されている矢印と反対方向にまわして、正しい注射量まで戻してください。
■デジタル表示は解除ボタンを押してから約2分後に自動的に消えますが、注射ボタンをどちらかの方向にまわすと再び表示が出てきます。

ご利用上の注意

本サイトはジェノトロピン®による治療を受ける患者さんとそのご家族の方々に、治療を受ける際の注意点について正しく理解していただくことを目的に作成しています。医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。
ジェノトロピン®による治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。ジェノトロピン®について疑問を持たれた場合や治療等に関しては、主治医に必ず相談してください。

あなたは医師の診断を受けジェノトロピン®による治療を現在受けている、または、
ジェノトロピン®による治療を受ける予定がある患者さんならびにご家族の方ですか?

  • はい
  • いいえ

Pfizer

診断や治療前の皆様には以下のファイザーが運営する各疾患の専門サイトにて
疾患に関する情報をご紹介しております。

各疾患の専門サイトはこちら

(成長相談室めもりから離れます)