ジェノトロピン(G12・G5.3)の使い方 イラストで見る

注射の前に
注射のしかた
交換方法
保管方法

注射の前に

  • 2つのペン型注入器の使い方は、本サイトでは主にジェノトロピン®G12を用いて説明してあります。
  • 本剤を使用される際は主治医の指示に従って使用して下さい。

カートリッジ取り付け~空気抜き~

1

カートリッジホルダーをはずします。

2

赤色の解除ボタンを押して注射ボタンのロックを解除します。

3

注射ボタンを写真の矢印の方向に止まるまでまわします。

4

プランジャー(金属の棒)が見えないこと(下がっている状態)を確認します。

ブランジャーが完全に下がっていない状態のままペンを組み立てると、カートリッジが破損したり、溶解の際に薬液がもれることがあります。

5

注射ボタンの印とペン本体の印を合わせます。

6

カートリッジホルダーの先端を消毒します。

7

注射針を取りつけます。

8

カートリッジの先端を消毒します。

9

カートリッジを粉末の入った方から取りつけます。

10

注射針側を真上にしてペン本体をまわしながら取りつけます。

ペン本体を取り付けるとき、注射針側を横や下に向けると中の薬が出てしまいますので、必ず真上に向けたまま取り付けてください。

11

左右に数回ゆっくり傾けて薬を溶かします。

12

注射針側を真上にしてペン本体をもち、窓の近くを指でたたいて空気のあわを上の方に集めます。

必ず、注射針側を真上に向けて空気抜きを行ってください。
真上にしないと、空気がうまく抜けないことがあります。

13

外キャップと内キャップをはずします。

14

注射針側を真上に向けたまま、注射ボタンを完全に押しきり、空気を抜きます。

空気抜きはカートリッジ交換時の1回のみです(毎回行う必要はありません)

注射量の設定G12の場合

1

注射ボタンのロックを解除します。

2

注射量を設定します。
1回の注射量は最小0.2mg、最大4.0mg(0.2mg刻み)

■1クリック=1/4周ずつの正しい位置に設定しないと、注射ボタンは押せません。
■注射量を間違えて多く設定した場合は、注射ボタンを注射ボタンに表示されている矢印と反対方向にまわして、正しい注射量まで戻してください。
■デジタル表示は解除ボタンを押してから約2分後に自動的に消えますが、注射ボタンをどちらかの方向にまわすと再び表示が出てきます。

注射量の設定G5.3の場合

1

注射ボタンのロックを解除します。

2

注射量を設定します。
1回の注射量は最小0.1mg、最大2.0mg(0.1mg刻み)

■1クリック=1/4周ずつの正しい位置に設定しないと、注射ボタンは押せません。
■注射量を間違えて多く設定した場合は、注射ボタンを注射ボタンに表示されている矢印と反対方向にまわして、正しい注射量まで戻してください。
■デジタル表示は解除ボタンを押してから約2分後に自動的に消えますが、注射ボタンをどちらかの方向にまわすと再び表示が出てきます。

ご利用上の注意

本サイトはジェノトロピン®による治療を受ける患者さんとそのご家族の方々に、治療を受ける際の注意点について正しく理解していただくことを目的に作成しています。医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。
ジェノトロピン®による治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。ジェノトロピン®について疑問を持たれた場合や治療等に関しては、主治医に必ず相談してください。

あなたは医師の診断を受けジェノトロピン®による治療を現在受けている、または、ジェノトロピン®による治療を受ける予定がある患者さんならびにご家族の方ですか?

  • はい
  • いいえ

Pfizer

診断や治療前の皆様には以下のファイザーが運営する各疾患の専門サイト
「Pfizer for PATIENTS」にて疾患に関する情報をご紹介しております。

疾患専門サイトのご紹介

Pfizer for PATIENTS

各疾患の専門サイトやおくすりに関する情報をご紹介します。(成長相談室めもりから離れます)