Q&A さまざまな場面ごとに、よくある質問をまとめました。

海外旅行Q&A

医薬品の準備はどうしたらよいのですか?

個人使用の医薬品・医療器具は、検査を受けて禁止品目でないことが確認された場合に機内への持込が許可されます。

持込む医薬品・医療器具の一例

  • ジェノトロピンペン®
  • ジェノトロピン®ゴークイック
  • カートリッジ(薬:成長ホルモン製剤)
  • 注射針

薬品であることを示すために印刷ラベル、製剤や注射針が入っている未開封の箱を一緒に準備しておくとよいでしょう。

医薬品の携帯はできますか?

短期旅行の場合

麻薬、覚せい剤の不正使用を防ぐため、注射器・注射針は入出国のチェック項目に該当しています。入出国時には事前に申告書類が必要な国もあります。また、医薬品の持込数量は入出国によって制限がある場合があります。 主治医とよく相談し、在日大使館または現地税関等に詳細を問い合わせるとよいでしょう。

なお、米国では米国運輸保安局(TSA:Transportation Security Administration)の指示により、2002年12月31日より、米国の各空港を出発又は乗り継ぎされる方の手荷物の爆発物検査が強化されています。 TSAの最新情報はこちらをご参照ください。

長期滞在の場合

長期滞在の場合では、上記以外に、医薬品の持込数量制限が気になるところです。持ち込みたい数量が制限量を超えた場合、日本にて処方薬剤を郵送する、あるいは現地の医療機関にて処方してもらうといった方法で医薬品を入手する必要があります。
米国の場合、制限量以上に持込を希望される場合は、英文の医師診断書を同梱して郵送する方法があります。
主治医とよく相談し、在日大使館または現地税関等に詳細を問い合わせるとよいでしょう。

※リンクは他のサイトに移動します。
ファイザー(株) のウェブサイトを離れ、リンクされた他サイトへ移ります。リンク先のサイトの内容についてファイザー(株)は一切責任を負いません。

現地の医療情報収集はどうしたらできますか?

短期旅行の場合

各国の詳細な医療情報が掲載されており、必要な予防接種についても触れています。現地の医務官が集めた医療機関も公表されていますので、緊急時に備えて書き留めておくと良いでしょう。
また、領事館の住所・電話番号をチェックしておきましょう。

※リンクは他のサイトに移動します。
ファイザー(株) のウェブサイトを離れ、リンクされた他サイトへ移ります。リンク先のサイトの内容についてファイザー(株)は一切責任を負いません。

英文の医師診断書のテンプレートはありますか?

飛行機に搭乗する際に用意しておくとよいのは、病気の証明書(医師診断書)です。
機内に持ち込む医薬品が麻薬などと間違われ、トラブルに巻き込まれないためにも、医師の診断書を携帯しておくことは大切です。

また、旅行中は環境の変化、時差や食生活の変化、過労などから緊急に医療機関にかかることもあります。その際にも非常に役立ちます。

拡大する

更に、緊急連絡先を書いたメモを持っていると安心です。万一に備え、英文診断書をパスポートと共に携帯すると良いでしょう。その場で提出する可能性を考え、必ずコピーの控えを取っておきましょう。

長期滞在される方は英文医師診断書は現地の医療機関にかかる際に必要になってきます。定型フォーマットはありませんが、次のような内容が記入されると良いでしょう。

医師診断書をダウンロード
医薬品を機内に持ち込めますか?

世界情勢によって変化が激しいのでその都度ご確認ください。

利用する航空会社への問い合わせ

ご利用される航空会社によって取り扱いが異なりますが、注射剤の場合貨物室へ預けると飛行中の貨物室の温度低下により注射液が凍結したり、カートリッジが破損する恐れもありますので、手荷物として機内への持込をお勧めします。事前に直接航空会社に問い合わせて、確認しましょう。

  • 移動時に車を使用する際は、車内の置忘れにご注意ください。
  • X線での検査については国によって照射力が違うことから、念のためご確認ください。

※ご注意:下記、各航空会社のお問い合わせ先については、変更されている可能性がございます。

航空会社名 電話番号 FAX 注射器持込に関して
JAL(日本) 03-5460-3783
※プライオリティゲストセンター
0120-747-707
0120-747-606 医療機器をご利用のかた:診断書が必要です。所定の手続きが必要となりますので、お早めにご相談下さい。(確認日:2007年07月現在)
ANA(日本) 03-5757-5201
※スカイアシストデスク
0120-029-377
0120-029-366 空港の保安検査の際、理由を問われることがありますので、治療目的を明示できるもの(糖尿病手帳など)を携帯されることをお勧めします。機内でインシュリン以外の注射をされる場合は、医療行為になりますので診断書が必要です。(確認日:2007年07月現在)
スカイマーク(日本) 0570-039-283
050-3786-0283
  手荷物検査等で理由を問われる事があるので、治療目的を明示できるものを携帯すると良いでしょう。診断書は特に必要ありません。(確認日:2007年07月現在)
アメリカン航空(米国) 03-4550-2111
※予約
03-4333-7675
(一部地域を除く)
03-4550-2166 安全検査場で申告し、検査をお受け下さい。(確認日:2007年07月現在)
ユナイテッド航空(米国) 03-3817-4411
※予約センター
0120-114-466
  医療用に必要な針や注射器は、医療機関、薬局、あるいは治療器具の製造者を確認できる専門機関名のある処方箋(英語)をお持ちの場合は、禁止品目から除外されます。(確認日:2007年07月現在)
コンチネンタル航空(米国) 03-5464-5050
0120-24-2414
  医師の診断書(英文)と事前に電話にて何本持ち込むのか等の電話連絡をする必要があります。(確認日:2007年07月現在)
ノースウエスト航空(米国) 0120-120-747   医師の診断書(英文)を当日のチェックイン時と、手荷物検査時に提示すれば、機内持込可能です。但し機内での医療行為はできません。(確認日:2007年07月現在)
大韓航空(韓国) 0088-21-2001   医師の診断書(英文)をお持ち下さい。(確認日:2007年07月現在)
チャイナエアライン(中国) http://www.china-airlines.com/ 医師の診断書(英文)が必要です。(確認日:2016年11月現在)
キャセイパシフィック航空(中国<香港>) 0120-46-3838
03-6746-1000
  医師の診断書など、治療が必要であることが明示されているもの(英文)をお持ち下さい。(確認日:2007年07月現在)
フィリピン航空(フィリピン) 03-5157-4362 03-3581-3056 ご予約の際に、所定の用紙を受け取り、記入後お早めにお送り下さい。(確認日:2007年07月現在)
タイ国際航空(タイ) 03-3503-3311   機内持ち込み禁止。(インシュリンのみ許可)(確認日:2007年07月現在)
エールフランス(フランス) 03-3570-8577
(東京)
06-6641-1271
(大阪)
03-3570-8585 ご予約の際に、持ち込みたい旨をお伝えして頂ければ、持ち込み可能です。手荷物検査の際に、英語で理由を問われる可能性がありますので、英語で書かれた医師の処方箋をご用意下さい。(確認日:2007年07月現在)
アリタリア航空(イタリア) 03-5166-9111
※コールセンター
  医師の診断書(英文)をお持ち下さい。(確認日:2007年07月現在)
KLMオランダ航空(オランダ) 03-3570-8770
(東京)
06-6345-6691
(大阪)
  ご予約の際に、持ち込みたい旨をお伝えして頂ければ、持ち込み可能です。手荷物検査の際に、英語で理由を問われる可能性がありますので、英語で書かれた医師の処方箋をご用意下さい。(確認日:2007年07月現在)
ルフトハンザドイツ航空(ドイツ) 0120-051-844   事前にコールセンターへご連絡下さい。医師の処方箋(日本語・英語)と機内持ち込みの理由を説明した文章(日本語・英語)が必要です。(確認日:2007年07月現在)
ニュージーランド航空(ニュージーランド) 03-5521-2770 または
06-4397-6154
03-5521-2766 ご予約の際に持込の件を伝えて頂けると、所定の用紙をお送りします。用紙提出後、こちらで判断させて頂きます。(確認日:2007年07月現在)
日本における入国時制限量はありますか?

日本では出国・再入国に際して税関等に対して特に必要な手続き等はありません。ただし日本への入国時には、医薬品の持込数量に以下のような制限があります。

  • 医薬品及び医薬部外品(2ヵ月以内の使用量)
  • 医療用具(1セット)

これらを超えるものについては、厚生労働省の輸入手続が必要です。

お問い合わせ先

厚生労働省 関東信越厚生局 監視専門官048-740-0800(成田空港の場合)

各国の問い合わせ先はどこでわかりますか?

現地における入国時制限量、必要書類等については各国大使館、現地税関等にお問い合わせください。

※リンクは他のサイトに移動します。
ファイザー(株) のウェブサイトを離れ、リンクされた他サイトへ移ります。リンク先のサイトの内容についてファイザー(株)は一切責任を負いません。

ご利用上の注意

ファイザーの成長ホルモンで治療を受けている方とそのご家族へ
薬の投与にあたっては、必ず医師の診断を受け、その指示に従ってください。

あなたは現在弊社の製品で成長ホルモン治療を受けている患者様か、
そのご家族の方ですか?

  • はい
  • いいえ