Q&A さまざまな場面ごとに、よくある質問をまとめました。

日常生活Q&A

風邪気味なのですが、注射してもいいのですか?

1日、2日の程度であれば、注射をしなくても普段からきちんと注射を続けている限りは問題はありません。お子さんの意思や体調を考えて注射をするかどうか判断してください。また、旅行などでも数日のことであれば注射を休んでも問題はありません。
発病時・発熱時の注射については主治医に確認しておくとよいでしょう。

子どもにどう接したらよいのですか?

成長ホルモン療法を開始すると、お子さんは「どんどん身長が伸びるかもしれない」という期待と、「思ったように身長が伸びないかも知れない」という不安の間で強いストレスにさらされます。

成長ホルモン療法は一定の効果を上げることはできますが、希望していた身長に達するかどうかは個人差があり、一概には言えません。また、成長ホルモン療法は、長期間の治療が必要ですので、お子さんのストレスを減らしてあげるためにも、本人の納得がいくようによく話し合いをしてください。

効果がわかりにくいため、長い治療期間中には不安がつのり、反抗的になったり、一時的に治療を拒否したりすることもあるかもしれません。これは心理的に正常な反応ですので、むやみにしかったり無理強いすることをせず、治療を続けることでどんな効果が得られるかを根気よく話し合ってください。また、本人の意思を尊重し、治療を継続するかどうか、話し合うことも必要でしょう。実際には、お子さんは意外と真剣に治療に取り組んでいるケースがほとんどです。むしろ、ご両親が負担に感じて治療をやめてしまうことがしばしばみられます。

お子さんにとっては、ご両親が自分を尊重してくれるという確信が、取り組む何よりの支えとなり、心理的な負担を軽くしてあげることが成長の促進につながることもあるようです。

食事で注意することってあるのですか?

間食ばかり取らずに、食事は1日3食きちんと食べるようにしましょう。「カルシウムさえ十分に取ればいいんだ」というカン違いをされている方がいますが、成長をうながす栄養素ではタンパク質が重要です。この他にもビタミンなど成長に欠かすことのできない栄養素をバランスよく十分に取るようにしてください。

夜更かしはしてもいいのですか?

不規則な生活による睡眠時間の減少、食欲の減退やストレスなどは、成長のためによくありません。できるだけ規則正しい生活をして十分な睡眠時間を確保しましょう。

成長ホルモン療法では、寝る前に注射を打つのが原則ですが、寝る時間に関係なく同じ時間帯に規則正しく注射を行った方がよいでしょう。

注射の前後で気をつけることはありますか?

空気抜きの時の液漏れの際、注射ボタンを押し切ってもカートリッジ内に空気が残っている場合(0より下)であれば、追加の空気抜きが必要となります。

注射をした後、止血が出来ていない場合は注射部位をしっかりアルコール綿などで押さえてください。

注射の後、皮膚に変調がみられる場合は医療機関へご相談ください。

注射した場所から出血することがありますが、注射の方法に問題があるのでしょうか?

身体の至る所に毛細血管があり、上手に注射をしていても出血することがあります。

内出血(青または赤くなっている)してしまいますが、予防法はありますか?

内出血は下記の場合で起こります。予防法と合わせてご確認ください。

注射部位を揉んでいる場合

揉むことにより、皮下出血を起こしやすくなります。
アルコール綿で押さえるだけにしましょう。

手振れがある場合(注射実施者・子どもの体動)

手振れがあると、毛細血管を傷つけ、内出血しやすくなります。
①針の抜き刺しは真直ぐに行いましょう。
②針が刺さっている間は手元を安定させましょう。
③子どもへの注射の場合、注射時に児が動かないようにし動く場合には、児の動きに合わせましょう。

その他、毛細血管に当った場合が考えられますが、身体の至る所に毛細血管があり、上手に注射をしていても内出血することがあります。
また、内出血した場所が自然に吸収されるまで、その場所を避けて注射を行ってください。

注射時に気泡が全部なくならなくて不安なのですが、大丈夫ですか?

注射時に皮下脂肪で気泡が吸収されるので大丈夫です。

ご利用上の注意

ファイザーの成長ホルモンで治療を受けている方とそのご家族へ
薬の投与にあたっては、必ず医師の診断を受け、その指示に従ってください。

あなたは現在弊社の製品で成長ホルモン治療を受けている患者様か、
そのご家族の方ですか?

  • はい
  • いいえ